八百万-やおよろず-雑記。

八百万-やおよろず-雑記。

日常の様々な事象(主に健康、ライフハック、PC、雑貨、ネットビジネスなど)について、nyanco! スタッフがお役立ちの精神で書き連ねていくブログです。

【メルカリ】定形外郵便が値上げ!

こんにちは、nyanco! です。

今回は郵便料金改定の話題です。 2017年6月より、郵便はがきが52円から62円になるなど、全体的に値上げとなっています。

メルカリなどのフリマアプリや、ヤフオクなどのオークションアプリでは商品の発送手段として定形外郵便を良く利用される方も多いのではないでしょうか。
今回の料金改定で、その定形外も漏れなくその影響を受けています。

そもそも定形外とは?

改定前

  • 重量は4kg以内。
  • サイズは3辺の合計が90cmまでで、長辺は最大60cm。

長辺は最大60cmまでという縛りはあったものの、合計が90cm越えなければOK!という点が使い勝手が良かったのですが…

改定後『厚さ』に制限が!

厚さが3cm越えるものは『規格外料金』が適用!

f:id:nyanco696:20170616092720p:plain

定形郵便物・定形外郵便物の料金 - 日本郵便より

3cm越えるだけで、改定前より100〜130円ほど高くなります。
要は、一般的なポストに入らず、配達員が対面で手渡ししなければならない大きさの物は割増料金がかかるということでしょう。
でも、色んな物を梱包してると分かるんですが、厚さ3cmって結構越えちゃうんですよね。
そもそも厚さ3cm以内であれば、料金も全国一律164円で追跡サービスもあるクリックポストの方が安いかつ安心です。
※定形外より大きさや重さの制限がややきついですが。

厚さ3cm越えるものに関しては、定形外よりかは少し割高になりますが、追跡も補償もあるはこBOONらくらくメルカリ便を利用した方が、安心感が違うのかなぁと思います。

追跡や補償もなく、ただ安いが売りだった定形外、個人的に今後は利用する頻度が減りそうですね。

また、メルカリなどで出品の際、送料の事を加味した金額に設定しないと、手数料や送料で売上がマイナスなんてこともありえそうです。 気を付けて参りましょう。

それでは!

【LINE】LINE Creators Studio 使ってみた。

こんにちは、nyanco! です。

LINEから、スマホでスタンプ作成〜販売までできるアプリ『LINE Creators Studio(ライン クリエイターズ スタジオ)』が販売されています。

LINE Creators Studio
LINE Creators Studio
開発元:LINE Corporation
無料
posted with アプリーチ

早速インストールして、色々試してみた感じた感想をお伝えしたいと思います。
まずはスタンプを作成するところまで!

画像加工機能

画像の加工は結構いい感じかなと思いました。
画像の切り抜きは、まずはサッと指で囲って、後で微調整していく感じ。
さすがにPhotoshopなどの画像加工アプリのような仕上がりにはできないにしても、スマホでサッと作成するというコンセプトであればアリですね。
フィルターや色味調整なんかも一通り揃っててこちらも良い感じです。
普段Instagramなんかで画像加工されてる方には直感的に使えるのではないでしょうか♪

テキスト機能

LINEスタンプの肝にもなるテキスト機能ですが、こちらは少し気になる点がいくつかあります。

日本語フォントが少ない

英字フォントは種類がたくさんあって良い感じなのですが、日本語が細いゴシック太いゴシックしかないのです。
確かに日本語フォントは権利関係などが面倒くさそうなので仕方ないかもですが。。
とはいえ、個人の方のフリーフォントなどにも良質なフォントも沢山あるので、その辺を使えるようになるといいのではないでしょうか。
今後のアップデートでフォントの種類が追加されるかもですが、現状のままなら、私は英字フォントを使用するかな〜

文字の縁取りができない

テキストボックスの色の指定はできるのですが、縁取りの設定ができません。
まぁ、販売されてるスタンプすべてに文字の縁取りがされてる訳ではないですが、トークルームの背景色によっては文字が読めなくなるスタンプが増えそうですね。。
縁取りができないなら、個人的には必然的に文字色は「黒」にするか、吹き出しを作成するか、になりそうです。

ブラシ機能

こちらも色々難ありな印象です。
メインは写真で、賑やかし程度に使用するのではアリですが、こちらをメインにイラストを描くのはかなり難易度高そうです。

塗りつぶしができない?

一番気になった点は塗りつぶしができないところでしょうか。
塗りつぶし漏れは、審査でリジェクトされる要因でもあるので結構致命的な気がします
現状では、ブラシを太くして手描きでぐりぐりと塗りつぶすしかないのかなぁと。
特に白く塗りつぶしたい時は、背景の色がとても薄いグレーなので、塗りつぶし漏れが見つけにくそう。。

重なり順の変更が難しい

先ほどの塗りつぶしの件にも関わってくるのですが、重なり順を意識して書かないとちゃんとしたイラストにならないのでは?といった印象です。
一応オブジェクトを前面に持ってくる機能はあるのですが、分かりづらいですね。
レイヤー機能が実装されれば色々解決しそう

総括

個人的な感想は、写真スタンプ作成でならアリです。
イラストを描くのは機能的にも苦しいかなと。
あと、個人的に欲しい機能は、このアプリで作成したデータをpdfデータなりでパソコンに送れるようになれば、もっと使える気がしますが、アプリのコンセプトに合わないので実装はないでしょうね(;´ェ`)

色々と書きましたが、写真をサクッと切り取ってスタンプにするのにはとても良いアプリだと思います!

最後にアプリでサクッと作った仔にゃんこのムギのスタンプ画像をどうぞ 笑

f:id:nyanco696:20170613220914j:plain:w300

気になる方は是非お試しあれ!

それでは〜

【VR】おすすめスマホVRアプリのご紹介

こんにちは、nyanco! です。

前回の記事で、お手軽にVR体験ができる!とご紹介しました。

8000000.hatenablog.jp
VRって何?という方や、VRゴーグルをお持ちでない方は、こちらの記事を先にご覧ください。 ※13歳未満(こちらのゴーグルは15歳未満)がVRゴーグルを使用すると斜視になるリスクがあるので使用しないでください。

今回は、VRアプリを片っ端からダウンロードして、個人的にオススメだったアプリをいくつかご紹介しようと思います☆
もちろん、すべて無料アプリです♪

それでは早速ご紹介!

VR Zombie Town 3D

BGMと街の作り込みで、無料ながらかなり雰囲気のあるゾンビゲーム。
移動はオートで、視線を向けた先にひたすら歩きます。
ゾンビが現れたら常に真ん中にある赤い照準を合わせると発砲できます。
荒廃した街を歩きながら、現れるゾンビをひたすら倒していくだけのゲームですが、建物の中にも入れたりとなかなか楽しめます♪

VR Zombie Town 3D
VR Zombie Town 3D
開発元:Haydar Aydin
無料
posted with アプリーチ

VR Jump Tour

日本の様々な場所で、ありえない高さのスーパージャンプを体験できるアプリです。
実写映像なので、臨場感半端ないです。
まずはじめに、地球が回っている画面の右側メニューからジャンプしたい場所を選択。
ローマ字表記なので少しわかりづらいですが、「Zao:蔵王(連峰)」や「MOZU:百舌鳥(古墳群)」といった感じで、日本の名所どころが多いです。
個人的に、下記の4つがオススメ☆

  • 巨大な前方後円墳を見下ろせる「MOZU」
  • 軍艦島でジャンプできる「Gunkan」
  • 見渡す限りの青い水平線が楽しめる「Okinawa」
  • 巨大なブランコに乗ってるようなアトラクション的な感覚の「Kanako」

場所を選んだら、画面真ん中に指示が出る通り、しゃがんで軽くジャンプすると、一気に飛び上がります。
※実際にしゃがんでジャンプしなくても、頭を少し下げてクイッと上に上げるだけでもOK! しばらくの滞空時間を楽しんでいると、自然落下していきます。
ここで真下を見てると結構怖いです ^^;
イデアが光るアプリです。
これからのアップデートで場所が増えていくともっと楽しめるでしょうね!

VR Jump Tour
VR Jump Tour
開発元:Shoes Soft
無料
posted with アプリーチ

Another Planets

こちらはiOS用のアプリです。
美しい未開の惑星の調査をするアプリ。
プレイヤーは調査員となって、Gem:ジェムと呼ばれる惑星資源を回収するミッションにのぞみます。
スタートは宇宙船の中からで、司令が字幕で表示されます。
その間プレイヤーは視線方向に自由に移動できます。
しばらくすると、自動で惑星調査モードに切り替わりますが、ここのグラフィックが美しいです。
45秒という短時間しか探索できませんが、視線方向に自由に飛び回れ、非日常体験を満喫できます。
ジェムを一定数集めると、別の惑星へ移動できるという、やりこみ要素もあるゲームです。

Another Planets
Another Planets
開発元:Halne Kim
無料
posted with アプリーチ

VR Roller Coaster

前の記事でもおすすめしましたが、入門というか鑑賞用にお手軽なので再度ご紹介♪
未来的なシティの中にあるジェットコースター体験ができます。
他の客の歓声や、足元を見るとゴーグルが角度によって傾いたりと中々芸が細かいです^^

VR Roller Coaster
開発元:Frag, LLC
無料
posted with アプリーチ

VR Traffic Bike Racer

バイクシュミレーターといった感じのアプリです。
グラフィックはまぁまぁ綺麗な方です。
視線方向にハンドルを切る感じですが、少々クセがありすぐに壁や車に衝突してゲームオーバーとなります。
衝突するとこのアプリの一番の見せ場(笑)とも言える、ライダーがちょっとお間抜けに吹っ飛んでいきますww

VRクレイジーオートバイの交通競争 - 最高のフリーレーシングゲーム2017バーチャルリアリティ
VRクレイジーオートバイの交通競争 - 最高のフリーレーシングゲーム2017バーチャルリアリティ
開発元:Ahmed Malik
無料
posted with アプリーチ

なごみの耳かきVR

日本ならではの萌系少女に耳かきをしてもらうというアプリです。
アニメ系のキャラが好きな方はもちろん、苦手な方にも一度は体験してみてください。
美しい中庭の見える、日本家屋の中で着物を着た女の子に耳かきをしてもらうという妄想シュチュエーションを堪能できます。
すべてのアプリももちろんなのですが、イヤフォンあるなしで没入感が違います。
特に耳かきの音がリアルです。
こちらの動作に対応する、女の子の声掛けも芸が細かいです。
こちらもVRならではのアイデアがとっても面白いアプリですね!

なごみの耳かきVR
なごみの耳かきVR
開発元:EISYS,inc.
無料
posted with アプリーチ

以上、またオススメVRアプリが見つかりましたらご紹介いたします♪

それでは!

【VR】お手軽VRコンテンツ

こんにちは、nyanco! です。

前回の記事で、お手軽にVR体験ができる!とご紹介しました。

8000000.hatenablog.jp
VRって何?という方や、VRゴーグルをお持ちでない方は、こちらの記事をご覧ください。

今回は、VRアプリを片っ端からダウンロードして、個人的にオススメだったアプリをいくつかご紹介しようと思います☆
もちろん、すべて無料アプリです^^

ゲーム系アプリ

VR Zombie Town 3D

BGMと街の作り込みで、無料ながらかなり雰囲気のあるゾンビゲーム。
移動はオートで、視線を向けた先にひたすら歩きます。
ゾンビが現れたら常に真ん中にある赤い照準を合わせると発砲できます。
荒廃した街を歩きながら、現れるゾンビをひたすら倒していくだけのゲームですが、建物の中にも入れたりとなかなか楽しめます♪

VR Zombie Town 3D
VR Zombie Town 3D
開発元:Haydar Aydin
無料
posted with アプリーチ

VR Jump Tour

日本の様々な場所で、ありえない高さのスーパージャンプを体験できるアプリです。
実写映像なので、臨場感半端ないです。
まずはじめに、地球が回っている画面の右側からジャンプしたい場所を選択します。
ローマ字表記なので少しわかりづらいですが、「Zao:蔵王(連峰)」や「MOZU:百舌鳥(古墳群)」といった感じで、日本の名所どころが多いです。

VR Jump Tour
VR Jump Tour
開発元:Shoes Soft
無料
posted with アプリーチ

【VR】たった100円でVR体験!

こんにちは、nyanco! です。

今回はなんとたった100円(正しくは+税ですが)でVR体験ができちゃう方法をご紹介します。
ちなみにiPhone6で動作確認しています。
パッケージには、3.5インチ〜6インチまでのAndroidスマートフォン(Android4.5以上)、iPhone(iOS8.0以上)対応と書かれています。
※13歳未満(こちらのゴーグルは15歳未満)がVRゴーグルを使用すると斜視になるリスクがあるので使用しないでください。

そもそも「VR」とは?

VRとは、「Virtual Reality:バーチャルリアリティ」の略で、いわゆる仮想現実のことですね。
仮想現実というととても広い意味になりますが、今回はヘッドマウントディスプレイを使ったVRのことになります。

2016年はPlayStation VRやOculus RiftやHTC Viveなどのハイエンド・ヘッドマウントディスプレイ機器が登場し、VR元年と言われた年で、それ以来メディアなどで目にすることも多くなったのではないでしょうか。

しかし、このハイエンドのヘッドマウントディスプレイですが、なかなか敷居が高いのです。

ご覧の通り、50,000円以上からとなり、かなりの高額です。
もちろん、ハイエンドでなければ、手持ちのスマートフォンとの組み合わせでVR体験ができる、数千円程度で買えるようなものもあります。

最安で有名なのはこちらのダンボール製のものでしょうか。

1,000円以下で買えちゃいますが、この値段とはいえど、
通販でしかもダンボール製のものはちょっと…
という気持ちでこちらもなかなか手が出ないという方も多かったのではないでしょうか。
私も、VRの存在は気になるものの同じような理由でスルーしておりました。

なんと100均のVRゴーグル??

そんなある日、Can Do(キャンドゥ)という100円ショップで買い物をしていると…

3DVRゴーグルなるものを発見!!

f:id:nyanco696:20170612143852j:plain
パッケージを詳しく見てみると、なんだか Google Cardboard にそっくりな感じで、作りもしっかりしてそうだし、何しろ100円だし迷わず購入!

帰宅後、早速組み立て開始。
f:id:nyanco696:20170612144303j:plain
裏面に詳しい説明書があるので、1分ほどで組み立て完了♪

f:id:nyanco696:20170612144445j:plain

見た目はダンボールなので、チープそのものですが。。。

早速、iphoneにVRアプリをダウンロード!
初めに入れてみたのはこの無料のジェットコースター体験アプリ。

VR Roller Coaster
開発元:Frag, LLC
無料
posted with アプリーチ

インストールして、早速起動。
コースが2種類選べる画面となるので、とりあえず左のコースを選ぶ。
選ぶとすぐにコースが始まるので、すかさずVRゴーグルにiPhoneをセットして覗いてみると…

すごーーーーー!!!

いや、VR初体験というのもあるのでしょうが、正直すごいです。
ぶっちゃけ、映像はかなり荒いですが、360度どこを向いても景色がある、というだけで臨場感半端ないです。
イヤフォン付けると更に没入感アップ!
あまり長時間見ていると酔いそうになりますが…。
そして、数分見てるだけなのにiphoneが異様に熱くなり、電池の減りも半端ないですが。

まとめ

ズバリ、買って良かったです。
VR機器を持っていない人にとっては間違えなく100円以上の価値があります。
VR入門にピッタリだと思います。
これで色々VRコンテンツを試してみて、更に高品質なものを体験したいと思えば、グレードの高いVR機器を買うのも良いでしょう^^
調べてますと、キャンドゥ以外にも、セリアなんかでも売っているみたいですね。

最後に、没入感を高めやすいコツをご紹介

  • 顔に固定できるようにする。
    • 100均で売っている、フリーバンド(ゴムでできた、両端にマジックテープがついているバンド)などを使えば固定できます。
  • ゴーグル装着時の下の隙間をなくす or 暗い部屋でプレイする。
  • イヤフォン必須!
  • 回転する椅子があるととても楽。

没入感が高まる=リアル周囲に注意が向けられなくなるので、プレイする前に周りに何も危険なものがないか確認しておきましょう!

下記の記事で、オススメのVRアプリをご紹介してますので、良ければご覧になってください☆
8000000.hatenablog.jp

それでは是非、楽しいVR体験を!

【超簡単】はてなブログに「TOPへ戻るボタン」を「オリジナル画像」で実装してみた。

こんにちは、nyanco! です。

今回は、はてなブログに「TOPへ戻るボタン」を「オリジナル画像」で実装する方法をご紹介いたします。

オリジナル画像ではなく、お手軽にアイコンで実装する場合はこちらの記事をご覧ください。
【超簡単】はてなブログに「TOPへ戻るボタン」を実装してみた - 八百万-やおよろず-雑記。

オリジナル画像で実装するのは少し手間がかかりますが、その分自分のページのオリジナリティが出て他のブログと差別化できます。

分かりやすく解説していきますので、良ければチャレンジしてくださいね。

実際どんな感じになるのかというと

こちらのブログでは、TOPへ戻るボタンを画像にしております。

f:id:nyanco696:20170521200936p:plain:w400

こんなやつですね。
今も右下に現れていると思います^^
ツヨキンという、nyanco! オリジナルキャラクターですが、このように画像を用意できればオリジナルのボタンに変更できます。

では早速実装方法です!

【1】まずは各種設定から

【超簡単】はてなブログに「TOPへ戻るボタン」を実装してみた - 八百万-やおよろず-雑記。
↑こちらの記事で、まずは「TOPへ戻るボタン」の設定を済ませて、ボタンが表示されているのを確認してください。

【2】続いて画像を登録

  1. 使用する画像をはてなフォトライフに登録するため、はてなフォトライフへ移動します。
  2. はてなフォトライフの画面右上にあるアップロードからボタンにしたい画像をアップロード。
    • アップロードする画像は、背景が透明になっているpngデータがベター。
  3. アップロードが完了すると画像が表示されるので、画像にマウスカーソルを載せると出てくる□選択をクリック。
  4. 画像の少し上にあるブログに貼り付けるというボタンをクリックすると、HTMLタグというものが表示されるので、そのコードを丸々コピー。
  5. そのコードを一旦メモ帳やテキストエディタなどにペースト。
  6. <img src="http://img.f.hatena.ne.jp/images/fotolife/n/xx/xx/xx.png">をコピーしておきます。※xxの部分は各ブログによって異なります。

【3】登録した画像を実装!

ダッシュボード > デザイン > カスタマイズ [左上部のレンチのアイコン] > フッタ の記述欄に以下のコードがあるはずなので探してください。
※【1】で記述しているコードです。

//トップに戻るボタンの設定
<div id="page-top">
  <a id="move-page-top"><i class="fa fa-arrow-up fa-5x"></i></a>
</div>

上記コードの、

<i class="fa fa-arrow-up fa-5x"></i>

の部分を、【2】-6. でコピーした

<img src="http://img.f.hatena.ne.jp/images/fotolife/n/xx/xx/xx.png">

に差し替えてください。

これで、「TOPへ戻るボタン」が画像に変わっているはずです!

プレビューにて確認できましたでしょうか?
ただ、今のままでは画像のサイズが大きすぎるかもしれません。
画像のサイズを指定しましょう。

先程、コピーペーストした下記のコードの後ろに少し追加記述します。

<img src="http://img.f.hatena.ne.jp/images/fotolife/n/xx/xx/xx.png">

<img src="http://img.f.hatena.ne.jp/images/fotolife/n/xx/xx/xx.png" alt="ページTOPへ" width="90px">

alt="ページTOPへ"は、画像の説明文です。念のため入れておきましょう。
width="90px"は、画像サイズです。この数字を変えるとお好みの大きさに調整できます。

いかがでしたでしょうか?
うまく実装できましたか?
何か不明点などありましたらお気軽にコメントくださいね^^

それでは!

【すぐにずれちゃう】短い靴下の不満あるある解消法

こんにちは、nyanco! です。

日が長くなってくると、靴下が短くなりますよね。

くるぶし出して足元スッキリ!
…といいたいところですが、この短い靴下(フットカバー、カバーソックスとも言う)には不満があります。

それは…

靴を履いて歩いていると、靴下がカカトから外れる!!!

たった2・3歩歩いただけで靴の中でスルっとズレて、
足の先っぽだけで履いてる状態になり不快感極まりない。
靴下ごときで気分悪くしてたら精神衛生上よろしくないです。 アパレルメーカーさんもカカトがズレにくい靴下ってのを販売してくれてますが、
正直あまり効果を実感できるものは少なく。。

結局たどり着いた方法は…

カカトに両面テープを貼る!

でした。

知人から教えてもらった技で、はじめ聞いた時は正直 めんどくさいなぁだったんですが、実際試してみると…

確かにズレない!!

朝の1分もかからない労力で、一日中ズレずに快適になれます。
皆さんも騙されたと思ってお試しあれ。
ちなみに両面テープは100均ので十分です。
あまり粘着力強すぎると皮膚があれるかもなのでご注意を。

それでは!

//パンくず //トップに戻るボタンの設定
to TOP
//トップに戻るレンジの設定 //アウトバウンド計測