八百万-やおよろず-雑記。

八百万-やおよろず-雑記。

日常の様々な事象(主に健康、ライフハック、PC、雑貨、ネットビジネスなど)について、nyanco! スタッフがお役立ちの精神で書き連ねていくブログです。

UiPathがいきなり使えなくなった?

nyanco! です。

今回は、UiPathがいきなり使えなくなった?というお話です。

毎朝のルーティンとして、UiPathのプロジェクトをバッチファイルから起動しているのですが、突然動かなくなりました。

▼バッチファイルで起動させる方法は下記記事で紹介しております
【UiPath】バッチファイルでUiPathプロジェクトを直起動 - 八百万-やおよろず-雑記。

正確には、コマンドプロンプトの黒い画面は表示されるがそれがすぐに消えてその後何も起こらないという感じです。

「??」でしたが、とりあえずバッチファイルからでなく、UiPathからならどうかとUiPathアプリを起動したところ、いつもと見慣れないウィンドウが出ました。

「UiPath Registration」という見出しで、どうやらUiPath コミュニティエディションのライセンス期限がきたから、ライセンスを更新してねというようなことが書かれております。

「朝のあまり時間のない時に…」と思いましたが、無料で使える UiPath コミュニティエディションを使っている以上、仕方ないということで少し調べてみると、解決できました!

https://www.uipath.com/renew-community-license

何も難しいことはなく、上記URLに飛んで画面右下にあるフォームに必要事項を入力するだけ。
「Device ID」は、「UiPath Registration」という見出しのウィンドウに表示されているコードをコピペしました。

入力後、「RENEW COMMUNITY LICENSE」というボタンをクリックしたらまた元通り使えるようになりました。
ものの数分でOKでした。

無料バージョンを使わせていただいている以上、定期的にこの作業は必要のようですが、すでになくてはならないRPAアプリケーションなので、これからも末永くお世話になります。

今回は以上となります。
最後まで読んでいただきましてありがとうございました!
それではまた〜✧٩(ˊωˋ*)و✧

LINE絵文字のトークルームタブ画像がでか過ぎた

nyanco! です。

今回は、LINE絵文字のトークルームタブ画像がでか過ぎたというお話です。

先日LINE絵文字の審査解禁、販売開始までお伝えしましたが、実際に自分の作品を購入してみるとあることに気づきました。

トークルームタブの画像が大き過ぎでした…
トークルームタブの画像が大き過ぎでした…

公式情報のトークルームタブ画像のサイズは横96px ✕ 縦74pxで、目一杯で作成したらこんな感じになっちゃいました w

まぁ目立っていいかなということで良しとしましょう ^^;

次回作る時は公式絵文字のトークルームタブ画像の大きさを参考にして余白をちゃんと意識します~

最後まで読んでいただきましてありがとうございました!
それではまた〜✧٩(ˊωˋ*)و✧

LINE絵文字審査受付開始〜承認〜販売開始までが爆速だった

f:id:nyanco696:20181127223444p:plain:w400

nyanco! です。

今回は、LINE絵文字審査受付開始〜承認〜販売開始までが爆速だったというお話です。

予告どおりにLINE絵文字の審査が、昨日11月26日19時過ぎ頃に開始されました。

準備は万端だったのですが審査開始に気づくのが少し遅く、1つ目を登録するとすでに絵文字IDは400番台。
皆さんめちゃくちゃ早いですね…^^;

まぁ落ち着いて、用意していた12種類の絵文字データをコピペ、申請完了。

そしてなんと申請から24時間も経たないうちに承認の通知が!

LINEさんの方でも審査要員をかなり補充していたのでしょうか。
めちゃくちゃ早くてビックリ。
お疲れ様です、いつも大変お世話になっております。

…最後に、まだ全ての絵文字が承認されたわけではないですが、承認されて販売開始した4種類の絵文字を宣伝させてください〜

肉玉にゃんこ 絵文字
store.line.me

頭のネジがぶっ飛んでるにゃんこ 絵文字 store.line.me

フムフム 絵文字
store.line.me

印鑑 de 絵文字 Basic LV1
store.line.me

早速作者本人が購入して使っております♪
なんかスタンプより使い勝手がいいかも^^

今回は以上となります。
最後まで読んでいただきましてありがとうございました!
それではまた〜✧٩(ˊωˋ*)و✧

通勤ランを4週間続けてみて思ったこと

f:id:nyanco696:20181126230054j:plain:w400

nyanco! です。

今回は、通勤ランを4週間続けてみて思ったことというお話です。

▼前回記事はこちら
日頃の運動不足解消に「お手軽」通勤ランはじめました - 八百万-やおよろず-雑記。

帰りのみの通勤ランを初めてから4週間。
4週間といえど、仕事が休みの日は通勤してないので毎日ではないのですが。

・休み明けの通勤ランは体がなまってるのか息あがるのが早い印象
・上半身をいかに動かさないかを意識して走るとスタミナが持つ感じ
・歩幅は小さく、「走る」と「競歩」の間を強く意識

実は初めて数日で少し体調不良になり、習慣化が危ぶまれましたが、その期間も下り坂だけでも走るように心がけていたら、いい感じに自分の中で定着化」することができました。

まだ駅から家までずっと走り続けられない(途中緩やかな坂道が長い間続く期間でどうしても歩いてしまうのです)のですが、徐々に歩く区間が少なくなっております。

今年中に一度でも良いから歩くことなく走り切るのを目標に無理なく続けていきます。

今回は以上となります。
最後まで読んでいただきましてありがとうございました!
それではまた〜✧٩(ˊωˋ*)و✧

Hainというキーボードランチャーアプリが理想に近かった

f:id:nyanco696:20181126214143j:plain:w400

nyanco! です。

今回は、Hainというキーボードランチャーアプリが理想に近かったというお話です。

皆さんはパソコン上のアプリでキーボードランチャーアプリというものをご存知でしょうか?
コマンド型ランチャーコマンドラインランチャーとも呼ばれたりしますが、キーボードで文字入力をしてアプリケーションを起動したり、フォルダ・ファイルを開くことができるようになるアプリのことです。
慣れてくるとマウスで操作するより各段に作業スピードがあがるのでなくてはならないアプリになります。

macパソコンで仕事をしていた頃、QuickSilverというmac専用キーボードランチャーアプリを愛用していたのですが、環境が変わりwindowsパソコンがメインになってからというもの、QuickSilverに代わるアプリはないかと色々試しておりました。

一時Woxというアプリに落ち着いていたのですが、一点、不満がありました。

その不満というのは、Google Chromeのブックマークにアクセスできないということでした。
Wox標準機能ではなく、プラグインを導入したらアクセスできるはずなのですが、何度プラグインを入れ直しても、Wox自体を再インストールしてもできずでして。。
ランチャーアプリからブックマークを直接開くことができるとかなり作業効率が上がるので、なんとかそれが叶うアプリを探していたところ。。

見つけたのがHainというアプリです。
https://hainproject.github.io/hain/

気に入った点は、見た目シンプル・軽量でサクサク動く・セッティングもやりやすいという点でした。
そして、何よりGoogle Chromeのブックマークにもアクセス可能!なところです(プラグインが必要)。

ただ、100%理想というわけでもなく…

というのも、Google Chromeのブックマークにアクセスするにはコマンドの頭に"/b "と入力する必要がある点です。
慣れればなんとかなるかと思いひたすら使ってますが、やはり少し面倒。
とはいえ、概ね満足はしております。

でももし、プラグインを改造できたら…"/b "なしでアクセスできるようにならないかしら、ということで。
プラグインデータを探してみると下記のパスにフォルダを見つけました。

C:\Users\user名\AppData\Local\hain-user\plugins\hain-plugin-chrome-bookmarks

この中のpackage.jsonというファイルをテキストエディタで開いてみると、17~19行目にプログラム素人でも分かるそれっぽい部分がありました。

"prefix": "/b ",  
"usage": "/b any chrome bookmark",  
"redirect": "/b ",  

この"/b "というのがまさにコマンドを定義しているのでは?と思い、無入力でできるように""と変更してReloadしてみると…

残念ながら挙動は変わらず。

ヒント的に出てくる文言から /b が消えていたので、その表示を制御する部分だったようです。
時間のある時に他のファイルも開いてそれっぽい箇所がないか調べてみるつもりです。

備忘録:Hainの独自コマンド

Hainには独自コマンドがいくつかあるので、良く使いそうなものを備忘録としてまとめておきます。

open preferences:環境設定を開く
/hpm:「Hain Package Manager」の略。続くコマンドで、プラグインをインストールしたり、アンインストールできる
reload pluginプラグインをリロード(新しくプラグインをインストールした後に必要)
/clipboardクリップボードの履歴を表示・コピー
restart hain:Hainの再起動 /hain about:Hainのバージョンを表示

※コマンドを全部入力しなくても、数文字打てば候補に出てきます。

最後まで読んでいただきましてありがとうございました!
それではまた〜✧٩(ˊωˋ*)و✧

片栗粉の保存にいい感じのフレッシュロックという容器のご紹介+α

nyanco! です。

今回は、片栗粉の保存にいい感じのフレッシュロックという容器のご紹介+αです。

片栗粉を使った料理をする時、もともとの袋のまま利用していたのですが、正直使いづらいと感じておりました。
何かちょうど良い容器はないものかと探していると…見つけました!

今回条件としていたのは下記です。

・ワンタッチ(片手)でオープン
・密封性もあり
・透明で中身が見える
・素材はガラス以外

上記全てを満たしていたので迷わずポチりました。
ちなみにサイズはいつもスーパーで買う片栗粉は200gのものなので、300という一番小さいサイズをチョイス。
あと、+αとして、容器の中に入れる計量スプーンはこちらがピッタリでした。

ダイソーの計量スプーンです

こちらの小さじが容器の高さにピッタリでした!

料理はツールの使い勝手が気持ち良くなると捗るものですね♪

最後まで読んでいただきましてありがとうございました!
それではまた〜✧٩(ˊωˋ*)و✧

「Coke On(コークオン)」というスマホアプリについてのお話

nyancoです。

今回は、「Coke On(コークオン)」というスマホアプリについてのお話です。

「Coke On(コークオン)」とは自販機のスタンプアプリ

皆さん、「Coke On」というアプリをご存知でしょうか?
CMなんかでもたまに見かけるのでご存知の方も多いのではと思います。

c.cocacola.co.jp

簡単に説明しますと、対応しているコカ・コーラ自動販売機でコーヒーやジュースを買うとポイントがたまるポイントアプリです。
スタンプが15個たまればドリンクチケットがもらえて、ドリンクが1本無料!というシステムです。
スタンプ2倍といったイベントもあったり、日常的に自販機を利用する人にとっては使わないともったいないアプリです。

アプリが出た当初はまだまだ対応している自販機が少なかったのですが、最近は逆に対応していない自販機はもうないのでは?というぐらいに拡がってます。

ドリンクチケットを利用して買う時は、自販機には一切触れずにスマホのみの操作でドリンクが出てきてその未来感が楽しいのですが、、

なぜかスマホとの接続が異常に悪い。。。

唯一気になるのがスマホと自販機のつながりの悪さです。

唯一といいながら、接続しないとアプリの意味がないので使い勝手としては致命的だと思ってます。
Bluetoothで自販機とスマホを接続するのですが、とにかく自販機の間近の距離じゃないと接続されない!といった感じです。
スマホを自販機にくっつけるくらいの距離にあってもつながらず、アプリの再起動などをしないと認識すらしない時も。。

ブルートゥースのイヤフォンなんかを使っていると、結構距離を離しても安定して接続できますよね。
同じ機能を使っているとは思えないほどの接続の悪さです。。

しかも、一度接続できてたのにスマホをポケットに入れてお金を自販機に入れている間に接続が切れていたり。。
お金を先に入れてから接続をした方が良いです。

自販機によって個体差はあるのかもですが、身近にある自販機は全て似たり寄ったりでした。
また、調べているとandroidスマホよりiPhoneの方がつながりにくい?ということもあるようです。

まとめ

文句ばかりつらつら書きましたが、使い勝手がもっと改善して欲しい!という願いを込めてのものです。
将来的には電子マネーなんかと連携して小銭なしでスマホのみでドリンクが購入できるようになればいいのになぁと妄想しております。

というか、まずはもっと接続しやすくなってほしい!

この一点に限ります。
コカ・コーラさん、期待しております!

最後まで読んでいただきましてありがとうございました!
それではまた〜✧٩(ˊωˋ*)و✧

//パンくず //トップに戻るボタンの設定
to TOP
//トップに戻るレンジの設定 //アウトバウンド計測