八百万-やおよろず-雑記。

八百万-やおよろず-雑記。

日常の様々な事象(主にITネタ、PC(Mac・Windows)、健康、LINE、雑貨、猫など)について、nyanco! の中の人がお役立ちの精神で書き連ねていくブログです。

仮想通貨の全自動貸出運用サービス

こんにちは、nyanco! です。

今回は「仮想通貨の全自動貸出運用サービス」のご紹介。

ビットコインを2017年の4月から6月にかけて購入し、合計6BTC。
それ以降、買い増しや売却もせず、いわゆる「ガチホ(ガッチリホールド)」のままで今に至ります。

その間、全く何もしていないかというとそうでもありません。
6BTCを購入後、「これからどう動くべきか」と色々調べていると…

「仮想通貨の全自動貸出運用サービス」なるものを発見。
bitseeder.net

登録方法や使い方などはコチラの記事が分かりやすいです。
金利40%以上!? bitseederの使い方と設定方法まとめ! 全自動でビットコインを稼ごう!

「所持している仮想通貨をレンディング(貸出)して、利子をもらう」というもの。
自分がお金を借りる立場になることはあっても、貸出側に回ることができるとはあまり考えてもおらずちょっとビックリ。
しかもその金利が銀行のソレと比べるとまるで違います。

銀行の定期預金年利が0.1%に対して、なんと年利10〜40%!!
※変動幅が激しく、2017年10月現在は3〜5%あたりで落ち着いています。

貸したい人 > 借りたい人 金利下がる
貸したい人 < 借りたい人 金利上がる

当たり前ですが、こんな感じで金利は動いていきます。
今年の8月1日などは、年利1000%以上という、闇金顔負けの暴利の瞬間がありました。

その背景としては…
ビットコインが初めてのハードフォーク(分裂)してビットコインキャッシュ[BCH]という新しいコインが生まれ、そしてビットコインを所持している人にその枚数と同等の数のビットコインキャッシュが配布されるという話で持ちきりでした。
分裂のタイミングでBTCと所持している取引所によっては配布されないなどの情報があり、その影響でビットコインを貸出す人が激減したのが暴利の理由でしょう。

そして来たる10/25、2回目のハードフォークが行われ、ビットコインゴールド[BTG]という新しいコインが生まれると言われています。
また同じような状況が起こる条件は揃っています。
分裂時に貸出しているとどうなるのかは分からないので、私はそのタイミングではレンディングはやりませんが、金利がどこまで上がるのかは見物ですね(°ω°)

今はかなり金利は落ち着いていますが、数ヶ月6BTCを預けて放置しているだけで0.3BTCほど利益を出しています。
0.3BTC、今のBTC相場(1BTC=670,000)ですと約20万円ですね。
もちろんBTCの価値がいつ暴落するかなど、色んなリスクはありますが、資産運用の一つの方法として参考にされてはいかがでしょうか。

それでは!

//パンくず //トップに戻るボタンの設定
to TOP
//トップに戻るレンジの設定 //アウトバウンド計測