八百万-やおよろず-雑記。

八百万-やおよろず-雑記。

日常の様々な事象(主に健康、ライフハック、PC、雑貨、ネットビジネスなど)について、nyanco! スタッフがお役立ちの精神で書き連ねていくブログです。

犬鳴山に行ってきました〜行者の滝まで〜

nyanco! です。

今回は大阪の南にある犬鳴山に行ってきた記録です。
プチトリップということで、ハイキングコースの行者の滝までの行程を主に画像メインで綴ります。

JR阪和線日根野」駅に到着

犬鳴山には、JR阪和線日根野」駅、もしくは南海本線の「泉佐野」駅からのバスに乗ります。
どちらの駅でも良かったのですが、なんとなく日根野駅から行くことに。

f:id:nyanco696:20180819183955j:plain:w600
▲初めて降り立つ日根野の地。

f:id:nyanco696:20180819220806p:plain:w600
▲バス停は降りて右方向のここです。
ちなみに反対側にはセブンイレブン、そのさらに奥にイオンモールが見えます。
駅から徒歩圏内ですが、そちらに行くと今日の目的地が変わってしまうのでまた別の機会に 笑

バスは1時間に1本しかないのであらかじめ乗る便を決めておいた方が良いかも。
日根野駅前から犬鳴山 バス時刻表([21/22]犬鳴線[南海ウイングバス南部]) - NAVITIME
▲バス停の時刻表はこちら

f:id:nyanco696:20180819185708j:plain:w600
▲バスの待ち合い場所は竹が生えていてなんだか風情がありました。

時間より3分ほど遅れてバスが到着。南海バスなのでPitapaが使えます。

f:id:nyanco696:20180819190328j:plain:w600

f:id:nyanco696:20180819190331j:plain:w600
▲バスからの風景。駅前から離れるとのどかな田舎風景です。

犬鳴山バス停に到着

約24分ほどで終点の犬鳴山に到着!

f:id:nyanco696:20180819191010j:plain:w600
▲かなりざっくりな案内図

f:id:nyanco696:20180819191647j:plain:w600

f:id:nyanco696:20180819191652j:plain:w600
▲いきなり地元にゃんこと遭遇。

バス停付近は温泉郷となっており、旅館がいくつか続く道を進むとだんだん山道に。

f:id:nyanco696:20180819192214j:plain:w600
▲時折見える川ではバーベキューをしてる人たちがたくさん!

f:id:nyanco696:20180819192831j:plain:w600
▲途中、軽食やバーベキューができるお店「犬鳴山 WOODS」がありました。

f:id:nyanco696:20180819193626j:plain:w600
▲ここではバーベキューセットをまるまる提供するサービスもしてるみたいです。

f:id:nyanco696:20180819193758j:plain:w600
▲いよいよ入口のようです。

いよいよ名勝 犬鳴山へ

いきなり足場が大きな石ばかりのゴツゴツして急勾配な登山道に。
雨の日とかめちゃ滑りそうで危険そうです。

ここからは見どころスポットがたくさん出てくるのでひたすら写真でお送りします。
f:id:nyanco696:20180819194111j:plain:w600
f:id:nyanco696:20180819194114j:plain:w600
f:id:nyanco696:20180819194117j:plain:w600
f:id:nyanco696:20180819194120j:plain:w600
f:id:nyanco696:20180819194124j:plain:w600
f:id:nyanco696:20180819194128j:plain:w600
f:id:nyanco696:20180819194131j:plain:w600
f:id:nyanco696:20180819194134j:plain:w600
f:id:nyanco696:20180819195938j:plain:w600
f:id:nyanco696:20180819195942j:plain:w600
f:id:nyanco696:20180819195945j:plain:w600
f:id:nyanco696:20180819195949j:plain:w600

出世稲荷大明神
f:id:nyanco696:20180819195952j:plain:w600
f:id:nyanco696:20180819195955j:plain:w600

個人的に気になった豆八大明神
f:id:nyanco696:20180819195959j:plain:w600
f:id:nyanco696:20180819200003j:plain:w600
f:id:nyanco696:20180819200006j:plain:w600
f:id:nyanco696:20180819200536j:plain:w600
f:id:nyanco696:20180819200539j:plain:w600
f:id:nyanco696:20180819200542j:plain:w600

義犬の墓
f:id:nyanco696:20180819210614j:plain:w600
この義犬の話を見て、内容がほぼそっくりな高尾太夫と猫の話を思い出しました。

f:id:nyanco696:20180819200545j:plain:w600
f:id:nyanco696:20180819200548j:plain:w600
f:id:nyanco696:20180819200551j:plain:w600

犬鳴山 七宝瀧寺本堂
f:id:nyanco696:20180819200554j:plain:w600
f:id:nyanco696:20180819200558j:plain:w600
f:id:nyanco696:20180819200601j:plain:w600

南無大聖身代り不動明王像。今回のハイライトでした。
ちなみに本堂もおすすめです。写真を撮るような雰囲気ではなく記録はないですが。。

f:id:nyanco696:20180819200605j:plain:w600
f:id:nyanco696:20180819200608j:plain:w600
f:id:nyanco696:20180819200611j:plain:w600
f:id:nyanco696:20180819200614j:plain:w600

f:id:nyanco696:20180819201658j:plain:w600
f:id:nyanco696:20180819201701j:plain:w600
f:id:nyanco696:20180819201705j:plain:w600
f:id:nyanco696:20180819201708j:plain:w600

行者の滝(折返し地点)
f:id:nyanco696:20180819201715j:plain:w600
f:id:nyanco696:20180819201718j:plain:w600
f:id:nyanco696:20180819201721j:plain:w600
f:id:nyanco696:20180819201857j:plain:w600

一般人でも滝修行ができるらしい。近くに脱衣所もありました。
バス停からの所要時間、寄り道をしながらでおよそ1時間。

帰り道
f:id:nyanco696:20180819201901j:plain:w600
f:id:nyanco696:20180819201904j:plain:w600
f:id:nyanco696:20180819201908j:plain:w600
f:id:nyanco696:20180819210233j:plain:w600

分岐点があり、さらに葛城山頂や展望台などに行けるようですが、ここから片道2時間、往復4時間と考えると次回にしました。

f:id:nyanco696:20180819211706j:plain:w600
f:id:nyanco696:20180819211710j:plain:w600

帰り道の方がなかなかハードでした。

f:id:nyanco696:20180819211713j:plain:w600

バス停近くまで下りてきたのでビールで乾杯^^

まとめ

一言、とても良かったです。
入口付近はバーベキュー客が多くカジュアルな印象ですが、奥に進めば進むほど山の自然の美しさはもちろんのこと、修験場としての荘厳とした雰囲気も素敵です。
山登りはなかなか険しいですが、南大阪にお住まいの方ならかなり気軽に訪れることのできる名所だと思います。

おまけ

帰りに無性にカレーが食べたくなり、日根野駅周辺でどこかないかと検索すると良い感じのお店を発見したので行ってみました。
イオンモールの向かいにあるカウンターだけの小さなお店「こだわりカレーバン.バン」さん。
f:id:nyanco696:20180819213017j:plain:w600
f:id:nyanco696:20180819213021j:plain:w600
f:id:nyanco696:20180819213024j:plain:w600

普通盛りでもボリュームたっぷり、はじめは甘く後から辛さがくるスパイシーカレーでとても美味でございました。

最後まで読んでいただきましてありがとうございました!
それではまた〜✧٩(ˊωˋ*)و✧

//パンくず //トップに戻るボタンの設定
to TOP
//トップに戻るレンジの設定 //アウトバウンド計測