八百万-やおよろず-雑記。

nyanco! ブログ

ほぼ日刊ペースで、主にIT・PCネタ・便利グッズ・猫などについてお役立ちの精神で書き連ねていく雑記ブログです。

UiPathのバッチファイル自動起動→自動シャットダウンという仕組みを作ってみた

f:id:nyanco696:20181214232506j:plain:w400

とっちゃん@nyanco! です。

今回は、UiPathのバッチファイル自動起動→自動シャットダウンという仕組みを作ってみたというお話です。

▼UiPathをバッチファイルで起動する方法はこちら
【UiPath】バッチファイルでUiPathプロジェクトを直起動 - 八百万-やおよろず-雑記。

毎日、UiPathのバッチファイルを起動させる(バッチファイルをダブルクリックするだけ)ことをルーティンワークとしていたのですが、ふと「これも決まった時間に自動化できないか?」と思い調べてみるととても簡単にできたのでご紹介します。

タスクスケジューラを使います

タスクスケジューラ(Task Scheduler)とは、Windows OSの標準機能です。
その名の通り、タスクスケジュール通りに実行してくれる機能です。

今回初めて設定してみたのですが、思った以上に簡単にセットすることができました。

こちらの記事ではWindows 10での紹介となります。タスクスケジューラはWindows 7 / 8.1 でもありますが、画面やメニューなどが異なる場合がありますのでご了承ください。

設定の仕方

まずはタスクスケジューラを起動

Windows画面下の検索窓に「タスク」と入力したら候補に上がってくるのでそいつをクリック。
もしくは「すべてのプログラム」→「Windows 管理ツール」の中にもあります。

1.「基本タスクの作成」をクリック

f:id:nyanco696:20181214195129p:plain:w400

2.タスクに適当に名前をつける

f:id:nyanco696:20181214200106j:plain:w400
自分で分かるように名前をつける(後で変更も可能)。
説明欄は任意で。空欄のままでもOK!

3.タスクトリガーを設定

f:id:nyanco696:20181214200130j:plain:w400
トリガーとは、このタスクを実行するきっかけです。
今回は毎日実行したいのでズバリ「毎日」とします。

f:id:nyanco696:20181214200227j:plain:w400
続いて時間を入力します。

※初めて設定する場合は、現在時刻から5分後などに設定して、実際に自動で実行されるか確認するのをオススメします。無事に実行されるのを確認後、望む時間に変更します。

これで、この時間になったらタスクを実行するというトリガーが設定できました!

4.タスクの内容を設定

f:id:nyanco696:20181214204129j:plain:w400
このタスクの内容を設定します。
今回はバッチファイルを起動するので「プログラムの開始」とします。

5.実行するプログラムを設定

f:id:nyanco696:20181214204344j:plain:w400
実行させたいプログラムをフルパスで指定します。
「参照」ボタンから実行させたいバッチファイルを選択してもOK!
オプションが2つありますが、今回は指定しません。

6.タスクの概要を確認して終了!

f:id:nyanco696:20181214204907j:plain:w400
これまで設定した内容が表示されるので確認してOKなら完了!
あっという間です!

タスクの設定を変更する場合

f:id:nyanco696:20181214205847j:plain:w400
「タスクスケジューラ ライブラリ」をクリックすると、設定したタスクスケジューラの一覧が表示されます。
...といっても、見覚えのないタスクスケジューラばかりだと思いますが。。
AdobeDropBoxなどのアプリをインストールすると自動的にタスクスケジューラが登録されてたってことに気付くきっかけとなりました。

ここで、自分で設定したタスクを探し、ダブルクリックすると設定の編集が可能です。

自動シャットダウンもついでに設定

自動でシャットダウンさせることもタスクスケジューラで簡単にできちゃったのでやり方をメモ。
といっても簡単です。

・上記 2. で「自動シャットダウン」と入力(分かればなんでもOK)
・上記 3. で「シャットダウンさせたい時間を設定」
・上記 5. で「 プログラム/スクリプト」 欄に shutdown と入力、「 引数の追加(オプション)」 欄のボックスに -s -t 30 -f と入力。
-s はシャットダウン、-t 30 は30秒後にシャットダウン、-f は実行中のプロセスの強制終了という意味。

他の設定は上記のままでOK!

この2つを組み合わせれば、自動にバッチファイルを起動させ、その後自動でシャットダウンさせることが可能となります!

めちゃくちゃ楽で便利です!

しかも他でもうまく使えば自動化が捗りそう!!

…今回は以上となります!
最後まで読んでいただきましてありがとうございました!
それではまた〜✧٩(ˊωˋ*)و✧